オオサカ・ノ・バジェット・メシ
旧「南森町・天満エリアのバジェット・ランチ」。店の評価ポイントはズバリ「バランス感覚」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
スイートバジル (福島)
タイ料理に目覚めて約3年。(意外に浅い)
最近は自分でも作る。


昨年、初めてのタイ旅行に行ったとき、バンコク在住の知り合いと食事をする機会があった。私が本場のソムタム(青パパイヤのサラダ)に感動していたら、彼が「確かにソムタムはタイで食べるほうが美味しいけど、大阪にタイで食べるより美味しいタイ料理屋があるんですよ」とか言うのですよ。



・・・っていうか、タイでタイ料理食べてる関西人つかまえてそんなこと言う!?


その「本場より美味いタイ料理屋」というのが、福島の「スイートバジル」だ。


そのエピソードがあったせいか、ただの偶然か、なんとなく行く機会がなかったのですが、前から行ってみたかった店ではあるので、辛いもの好きのツワモノ4名で行ってみることにした。


シンハー飲みつつ、まずは揚げエビ春巻き。

まぁ、普通に美味い。


お約束のソムタム。
sweetbasil-somtum.jpg
北浜のNeo Thaiではお目にかかったことがない(メニューにはある)ソムタム。これも美味い。美味いが辛い。かなり辛い。このソムタム、実は私の大好物でして、先日、わざわざ青パパイヤを仕入れて作ってみました。コレ、意外と簡単です。ソムタムが美味いかどうかはライムと干しエビにかかっているとみた。


世界三大スープ(って何なんだよっ)のひとつ、トムヤムクン。
sweetbasil-tomyumkun.jpg
これは意外にあっさり、さっぱり、辛くない。ハーブの香りはバッチリしてるんだけど、けっこう「ガッツーン」というインパクトを期待していたせいか、肩すかし。


近くのテーブルのカップルが頼んでいたのを見て、食い意地の張った面々が「あれ、ウマそう」とオーダーした鶏ミンチとハーブ、チェンマイ式サラダ。
sweetbasil-lettuce.jpg
期待どおり。中華っぽいな。


鶏のバジル炒め。(じゃなかったかも。なんしか鶏の炒めたやつ)
sweetbasil-chicken.jpg
これが辛い!めっさ辛い。たいがい辛いものが得意な私でも、ヒーヒーいう辛さ。でも、ハマってしまい、延々と食べ続けてしまった。ビールが減る減る。


定番のグリーンカレー。
sweetbasil-greencurry.jpg
なかなかマイルドで美味。でも、友人Aは「famaoが作るグリーンカレーのほうが辛くて美味かった」と言うてくれた。なんていい人だ。


友人Aが「アカン、物足りない。こんなんでアタシのカレー欲は満たされへん」とオーダーしたココナッツミルクを使わないポークカレー。
sweetbasil-porkcurry.jpg
タイ北部のカレーらしい。メニューでは相当辛そうに見えたのに、それほどじゃない。ふつー。美味いけど、ふつー。


本来、北部のカレーに欠かせないはずのもち米。(カオニャオ)
sweetbasil-stickyrice.jpg
すでにグリーンカレー以前の段階で消えてた。
タイのもち米って日本のもち米より好きかも。


どうやら、タイ料理屋の良し悪しはいかにフレッシュで質のいいハーブを安く仕入れられるかに左右されているらしい。ここはいいハーブを惜しみなく使っている。(パクチー追加は有料だけど)確か、沖縄かどっかの農家と契約してるとか・・・。



確かに美味い。
美味いけど、たぶんタイで食べたタイ料理のほうが美味かった。(注:強がってません)


ちなみに、マカウのマンダリン・オリエンタルホテルにある「NAAM」ってタイ料理屋は、私もタイで食べるより美味いかもしれないと思う。


よく食べ、よく飲みました。




スイートバジル Sweet Basil
大阪市北区大淀南1-11-9 2F
06-6458-1105
営業時間:11:30~13:00、17:30~21:30(日曜は17:30~21:30のみ)
定休日:火曜
【2007/09/08 14:16】 | インド・東南アジア系 | トラックバック(1) | コメント(3)
陳麻家 天満橋駅前店 (天満橋)
chinmaya.jpg

別ブログにかまけて、久々の更新。
最近、えらい勢いで展開中の「陳麻家」は、陳麻飯(マーボー丼)と担々麺に絞り込んだベンチャーリンクのFCブランド。


天満橋にも出店していることは知りつつも、ベンチャリ系なので放置していましたが、やはり辛いもの好きとして「一度は行っておかねばなるまい」と思った次第です。


陳麻飯と担々麺のハーフサイズをセットにした「ハーフセット」をオーダーして待つこと2~3分。
早くも両者テーブルに並びました。はやっ!
ここまでファーストフードにしなくてもいいと思うんだけど、それにしても嫌な速さだ。


案の定、片栗粉がプルプルと光り、作りおき感あふれる麻婆豆腐
そして、麺すら温めなおしと思われる、ぬる~~い担々麺
これは萎える。アツい夏にアツいものを食べたいと思って来た人に出すもんじゃない。


麻婆豆腐の味は麻ぁ麻ぁ。
でも、山椒の味は弱い。舌がシビレル感がない。
担々麺は・・・他の店に行きましょう。こことか。こことか。
麻の効き具合でいくと福龍園がピカイチ。


ウンチクもええけど、もう少しHOTな料理を出して欲しいものである。


久しぶりの更新なのに毒吐いちゃった・・・。


■本日のメニュー:
ハーフセット 750円


■お店の情報:
旨辛至福研究飯店 陳麻屋 天満橋駅前店
大阪府大阪市中央区天満橋京町1-21
06-6944-0999
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休
【2007/08/01 15:20】 | 天満橋エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(4)
新ブログ、はじめました
天満・南森町エリアの店もネタ切れ中で、外食しても写真を撮るのが面倒になっているのですが、まぁ、そもそも地域のランチ情報を提供したいというだけではじめたブログなので、閉店情報を更新するくらいでじゅうぶんという話もあります。


てことで、新しいブログを始めてみました。


その名もキッチン・アディクト


実はモノマニアな私が使ったキッチングッズやスパイスについて、勝手気ままに語ります。


お料理好きなかた、モノ好きなかた、よろしければお越しください。

【2007/07/16 21:37】 | お知らせなど | トラックバック(0) | コメント(0)
美々卯 (天満橋)
mimiu-yasaidon.jpg

美々卯」と言えばうどんすき、うどんすきと言えば「美々卯」。
この刷り込みのせいで、どうも美々卯を普通のうどん屋として認識できていなかった、意外に不器用な私。


先日、ようやく「あ、そうか。別にうどんすきだけじゃないのよね」と気づき、ランチに行ってみたのだけど・・・メニューを見るとむしょうに天丼が食べたくなってきた。


しかし、ここで難しい選択を迫られる。


大海老天丼・・・1300円
野菜天丼 ・・・1260円



・・・つまり、「大海老」と「野菜」の差がたったの40円。


経済の基本原則に従えば、当然「大海老でしょう!」となるわけですが、ここは敢えて「野菜」を選んでいただきたい!と強く思うわけです。


と、言うのもこの野菜天丼、かなりゴージャスなのだ。

日によって違うようだけど、この日はこんなラインアップ。

●レンコン
●シイタケ
●さつまいも
パプリカ
●かぼちゃ
ズッキーニ
●インゲン豆
●ナス
紫イモ


高級野菜をふんだんに使ったゴージャス野菜天丼。
野菜への愛着が大海老への情熱を上回る人にオススメです。


あと、ここはデザートに手を抜いていない。
この日は杏仁豆腐オレンジソース。なかなか繊細で美味。
こういうおまけデザートは無視する傾向にある私も、完食です。



美々卯 天満橋店
大阪市中央区天満橋京町1-1 京阪シティーモール8F
06-6941-2312
営業時間:11:00~23:00(LO.21:00)
定休日:不定休
【2007/06/26 19:57】 | 天満橋エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(2)
ダバ・インディア (八重洲)
くどいようだが、私はインド料理が好きだ


食べるのも作るのも好きだ。
今や20種類近くのスパイスやギー、バスマティ米まで常備している。(これは我ながら異常)


インド料理にハマる人間は、遅かれ早かれ自分がこれまでに食べてきたインド料理が「北インド料理」であったことを知り、まだ見ぬ「南インド料理」への憧憬を抱くことになる。
そして「ワダ」「ドーサ」「サンバル」といった謎のキーワードを求めて、南インド料理屋の扉を叩くのだ。


・・・がっ、南インド料理屋って本当に少ない。
大阪だと都島の「ティラガ」くらいのもの。(知ってる人、教えてください)
確かに、肉やバターを使ったこってり北インド料理は日本人の口に合うし、ゴージャス感もあるので商売になりやすいのだろう。ティラガですら、メニューの半分は北インド料理だ。


そこいくと、100%南インド料理屋の「ダバ・インディア」は、インド料理マニアにとって、聖地メッカやエルサレムのようなものだ。(この場合、バラナシと言っておくべきか・・・)


ということで、いちマニアとして聖地を詣でてきた次第です。

ダバ・ミールス 2100円
daba-meal.jpg
バナナの葉の上にエビ、魚、チキンのカレー(このあたり、日本向けにカスタマイズしてあるのかな?)やスープがずらり。真ん中のバスマティライスにかけて、ぐちゃぐちゃにして食べる。美味い。


北インド料理のスパイスがねっとりと体にしみ込んでくるのに対して、南インド料理のスパイスは体の中を風のように吹き抜けていくかんじ。
「これこれー、これが食べたかったのよっ!」と感動しきり。


チャイ(+150円)
daba-chai.jpg
このチャイはすごいパフォーマンスつきで供される。ものすごい高い位置からチャイを注いで、カプチーノのような泡だった状態で出される。こんなのも初めて。


八重洲ブックセンターから徒歩2分。
東京出張時の定番にしようと、合掌したのでした。




南インド料理 ダバ・インディア
東京都中央区八重洲2-7-9 相模ビル1F
03-3272-7160
営業時間:ややこしいのでぐるなび参照
定休日:無休
【2007/06/23 13:13】 | 番外編:東京 | トラックバック(2) | コメント(3)
前のページ 次のページ
HOME

カテゴリー

ブログ内検索

FC2 Blog Ranking

更新頻度の参考に・・・

FC2ブログランキング

最近の記事

プロフィール

famao

  • Author:famao
  • ランチブログあらため、ただの食いしん坊日記として再スタート。コストパフォーマンス重視、コンセプト重視、味わいは「やや毒多め」です。そこんとこ差っ引いて読んでね。

最近のコメント

メールフォーム

お店の推薦や記事への意見・苦情、その他世間話はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

※08年4月~09年1月まで、使われていないアドレスで設定していたため、メールが届いていません。そのかんにメールいただいたかた、すみません!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。