オオサカ・ノ・バジェット・メシ
旧「南森町・天満エリアのバジェット・ランチ」。店の評価ポイントはズバリ「バランス感覚」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ラ・ルーチェ (北浜)
「あー、シャバはいいなぁー」
--今日の気持ちを一言で表してみました。(大袈裟なんだけど、ほんとに貧弱な食生活、もとい生活を送っていたので・・・)

久々のランチブログ更新に向けて、珍しくブログネタを意識したランチスポットを、と「ラ・ルーチェ」に向かった。立地的には、「ランチ圏内の限界に挑戦」といったところでしょうか。

店内は明るくて清潔、オープンキッチンもかんじがよい。オープンキッチンでは5~6人の男性スタッフが働いている。分担がきっちり分かれていて、担当の仕事がヒマなときは雑談なぞしながら、でも爽やかに労働する彼らのようすを見るうちに、「ん?この雰囲気、何かを思わせる・・・」という感覚に襲われたんだけど、何なのかがわからない。

とりあえずオーダー。
前菜とパスタのみのメニューに始まり、上は2500円までと選べるメニューがうれしい。もちろん、今日はパスタだけのメニューなんて興味ナシ。1500円のメインつきメニューをオーダー。しかもメインは太刀魚!楽しみだ。

まず前菜。蛸とじゃがいものサラダ。
laluce-antipasto.jpg
オレンジかな?柑橘系の果物のドレッシング。その果物の皮もアクセントになってていいかんじ。正直、あともう1種類欲しいところだけど、この値段で求めるのは酷だな。

パスタ。豚と野菜のトマトソース。
laluce-pasta.jpg
ここのトマトソースが気に入った。こういう感じの店で出てくるトマトソースって「キミとこは神戸にんにく屋でもやるつもりですかっ?」とツッコミたくなるくらい、ガーリックがきいてることが多いけど、ここのはトマトの方が主張してていい!

メイン。太刀魚の香草パン粉焼き。
laluce-main.jpg
これがすごいボリュームで驚いた。まるで、トォルトゥーガみたい。
ただね・・・太刀魚が肉厚なせいか、骨がいっぱいで食べるのに一苦労。味は、素直に仕上げてあって、ふっくら&さっくり焼き上げているかんじ。付け合せに銀杏使ってるのが面白かったな。

もうこの時点でかなりおなかいっぱい。デザート無理だな。。。と思っていたら、けっこう可愛いデザートがきた。ヨーグルトのアイスとプリン。
laluce-dessert.jpg
うん、普通にうまい。

味もさることながら、このランチコース構成、すごく好みだわー。パスタランチだと100gあるパスタも、こっちだと半分なので死ぬほどの満腹になることもないし。これはリピートしそうだ!私は料理の種類が多ければ多いほどハッピーなんだなーと実感。

と、ここでわかった。オープンキッチンのようすを見て感じたデジャブの正体。
ここ、「サッカー部の部室」だわ。(いや、イタリア部?)
6人くらいの若いいまどきな男子たちが生き生きと働く姿、それはまるで部活。汗臭いっつーかなんつーか。(延々とパスタをゆがいている彼以外は、汗はかいてないと思うけど)そしてホールで働く女の子はさしずめマネージャー。レモンの蜂蜜漬けとか作ってほしいなぁー。
部長(シェフ)が誰かはわからなかったんですが。

なんにせよ、コスパよいし、一生懸命イタリアン!てかんじがいいんじゃないでしょうか。もちろん、美味い。

目指せ、全国大会出場! てことで。

■本日のメニュー:
Bコース(前菜、パスタ、メイン、デザート、コーヒーor紅茶orエスプレッソ) 1500円

■お店の情報:
トラットリア ラ・ルーチェ Trattoria La-Luce
大阪府大阪市中央区淡路町1-2-5 淡路イーストビル1F
06-6205-2327
ランチタイム:11:30~14:00
【2005/10/12 23:45】 | 北浜エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(2)
カシミール (高麗橋) Part 3
今日も美味しかった「カシミール」。

しかし・・・情けないニュースがあります。

「プリシャス」で大盛りパスタをクリアし、

「ラ・トォルトゥーガ」の2100円ランチを平らげ

「萌のとき」の箱膳では2杯おかわりした私が、

カシミールのカレーを完食できなかったのです。

夏バテか、風邪か、昨晩の飲みすぎが祟ったのか、、、まぁ、どれもあり得る話なんですが、お百姓さん、マスター、ごめんなさい。


今日は写真もないし、地味ついでに記憶力テストでもしておこうかと思います。

お題「カシミールの野菜カレーの具」
・ナス
・トマト
・大豆
・ピーマン
・ジャガイモ
・にんじん
・大根
・レーズン
・豆腐

以上・・・・かなぁ?

■本日のメニュー:
ミックスA(チキン+野菜) 1000円

■お店の情報:
カシミール
大阪市中央区東高麗橋6-2
06-6944-8178
営業時間:11:00~売り切れまで
>> カシミール Part 2へ
【2005/08/02 13:59】 | 北浜エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(3)
Neo Thai (高麗橋)
Neo Thai

「カシミール」に行く途中、いつも横目で見ながら行きそびれていた「Neo Thai」、このブログにお越しの方が「ポン」と背中を押してくれました。MANY THANKS!です。(てか、ぐるなびにも出てるのね・・・想像すらしなかったさ)

さて、ランチメニューは、日替わり(750円)とレッドorグリーンカレーセット(650円)の2種類。カレーは赤と緑が毎日交代する。今日はグリーンの日なので、グリーンカレーセットにした。

この店、さほどこぎれいな店でも今風の店でもないんだけど、とにかく明るくて落ち着ける。
さんさんと太陽の光降り注ぐ窓際でぼけーーっと行きかう人や車を見ながら、タイカレーを食す。至福・・・

カレーは意外と辛い。私としてはもう少し強烈にレモングラスとか入ってて欲しい気もするけど、なかなか美味い。
(しつこいようだが)タイには行ったことはないけど、日本人向けにカスタマイズしつつも、現地をほどよく再現してるかんじ。
ちゃんとタイ米が出てくるあたりがいい!

気持のいい店内でこの内容のランチ食べて、650円はお得。

心地よく、一人ランチしてください。

あっ!春巻きが写ってない!
(でも春巻きはたいしたことなかったからいっか)

■本日のメニュー:
グリーンカレーセット(グリーンカレー、春巻き、スープ、サラダ) 650円

■お店の情報:
Neo Thai
大阪市中央区東高麗橋1-32 天神ビル2F
06-6944-7088
ランチタイム:11:30~LO14:30
【2005/07/14 14:47】 | 北浜エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(5)
カシミール (高麗橋) Part 2
Pht0614131700.jpg

ハイ、前回にも増して素晴らしいビジュアルの「カシミール」カレーでございます。
もう、「どやっ!ワシ、美味そうやろっ!」と皿から声が聞こえてきそうです。

今日は初めてミックスにしてみた。
この「ミックス」って響き、くすぐられるなぁ。(ちなみに私はソフトクリームも必ず「ミックス」を選ぶタイプ)
カシミールのミックスには、いろいろとオプションがある。

○ミックスA・・・肉+野菜
○ミックスB・・・肉+野菜+卵


どちらも同じ値段だけど、Bにすると野菜が少し減って卵が入る。肉は「ビーフ」「チキン」「キーマ」「マトン」の4種類から選べる。

なので、もしアナタが「ちょっと辛めのキーマカレーが食べたいけど、栄養バランスにも気を使いたい」という人なら・・・
「ミックスAのキーマ、辛さは5、玄米で」と注文してみましょう。(通常の辛さは3)

いやーーー、途中リタイヤしようかと思うほどのボリューム、なのに健康に悪いことをしている罪悪感の低いランチでした。

■本日のメニュー:
ミックスA(チキン+野菜) 1000円

■お店の情報:
カシミール
大阪市中央区東高麗橋6-2
06-6944-8178
営業時間:11:00~売り切れまで

>> カシミール Part 1へ
【2005/06/14 16:49】 | 北浜エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(7)
ラ・トォルトゥーガ(高麗橋) Part 2
姉さん、事件です!(古い?)
ラ・トォルトゥーガのランチが変わりました。 
これまでは1000円に始まり、2種類(か3種類?)あったのが、全て2100円のプリフィックスコースになりました。

いやー、ビックリですわ。今日は朝から目の回るような忙しさで、「ごっつり食べるぞーー」と意気込んでトォルトゥーガに行ったら、ドアに「ランチは全て2100円のプリフィックス」の文字が!
一瞬、かなりひるんだけど「ここで逃げたらオンナがすたる!」と乗り込んだ。

さて、新メニューは前菜とメインを1品ずつ選ぶという、よくあるタイプ。

まずはスープ。
にんじんの冷たいスープ
Pht0524123700.jpg

ウマ!前回来たとき、スープの味付けはちょっと濃いなと思ったんだけど、冷たいスープだとこのくらいがちょうどいい。はからずも?私にとっては絶妙の塩加減。

前菜はサバとじゃがいものテリーヌ。
Pht0524124200.jpg

生ハムのキッシュが売り切れだったので、こっちにした。他にもスモークサーモンとか、パテとか5~6種類あった。
このテリーヌ、ソース以外は徹底的にあっさり作ってあって、ボリュームとしてはごっつりしてるんだけど、バクバク食べれてしまう。

いよいよメイン!地鶏もも肉と南仏野菜のロティ。
Pht0524130400.jpg

メインも5種類くらいあったけど、魚は1つだけ。鳥系の肉が多かったかなぁ。
この地鶏のロティはさすが!のボリューム。テーブルに置かれたとき、ドスン!と音が聞こえそうだった。ズッキーニ、トマト、ナス、じゃがいもがたっぷりで、その上に鎮座する鶏が皮パリパリ、身はジューシー。幸せのあまり昇天しそうになる。(または食べすぎで昇天)

他店ならゆうに2人分はありそうなコースを必死で平らげ、「ひゅーー」と何か偉業を成し遂げたような気分に浸っていたら、すでに入店してから1時間10分が経過していることに気づいた。
あと20分で来客だというのに、この調子でごっつりデザートが出てきたらまず間に合わない。
「もう逃げるしか・・・」と追い詰められていたら、デザート登場。
Pht0524132500.jpg

ホッ・・・。
例によっていちごの練乳あえ、チーズケーキ、ヨーグルトのアイスクリーム(めちゃくちゃ美味)と、相変わらずこぢんまりとした内容。命拾いした。


非常に満足度の高いメニューで、もちろん美味い。それこそワインを我慢するのに必死だったけど、オフィス街のランチで2100円プリフィックスのみ、というのはどうなんだろう?とも思う。ランチタイムは1時間と決まっている人は来にくくなるだろうし、大幅にサラリーマンの平均予算を上回っている。

前回来たとき、私が「この店いいなぁ」と思った理由のひとつは、普通の北浜サラリーマンらしき人たちがカウンターでモリモリとランチしていたから。OLや奥様連中、エグゼクティブ・サラリーマンやクリエイティブ野郎ならともかく、普通のサラリーマンにこういうランチの場を提供している店って少ない。

「お父さんがたまに昼メシ食う店があるんだけど、今晩どうだ?」なんて言って自慢げに妻や娘を連れてきたりするのかなー、などとと勝手に想像していたので、(まぁ、ほんとに勝手なんだけど)少し残念。

まぁ、ランチ道楽のアタシには、関係ない話なんですけどね。

今日はブログ更新に25分も時間をかけてしまいますた。
まさに現実逃避もいいとこですな。


■本日のメニュー:
プリフィックスランチ(スープ、パン、前菜、メイン、デザート、エスプレッソ) 2100円

■お店の情報:
ラ・トォルトゥーガ La Tortuga
中央区高麗橋1-5-22
06-4706-7524
ランチタイム:11:00~LO14:00

>> ラ・トォルトゥーガ Part 1へ
【2005/05/24 18:43】 | 北浜エリアのランチ | トラックバック(1) | コメント(11)
前のページ 次のページ
HOME

カテゴリー

ブログ内検索

FC2 Blog Ranking

更新頻度の参考に・・・

FC2ブログランキング

最近の記事

プロフィール

famao

  • Author:famao
  • ランチブログあらため、ただの食いしん坊日記として再スタート。コストパフォーマンス重視、コンセプト重視、味わいは「やや毒多め」です。そこんとこ差っ引いて読んでね。

最近のコメント

メールフォーム

お店の推薦や記事への意見・苦情、その他世間話はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

※08年4月~09年1月まで、使われていないアドレスで設定していたため、メールが届いていません。そのかんにメールいただいたかた、すみません!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。