オオサカ・ノ・バジェット・メシ
旧「南森町・天満エリアのバジェット・ランチ」。店の評価ポイントはズバリ「バランス感覚」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
エッソンス・エ・グー (高槻)
いま、北摂で一番ホットなフレンチ、高槻の「エッソンス・エ・グー」。


面倒くさがりでミナミにすら行きたがらないワタクシですが、この店は40分かけて出かけてもいいと思えるくらい好き。イマイチ理由はわからないんだけど。


以前、ディナーに来たときも思ったけど、この店はついつい飲んでしまう店だ。普段はランチで飲むと言っても、せいぜい1~2杯くらいが限度だが、この店は例外。
だって・・・ほんっと「超」がつくほどスローペースな店なんだもん!
そりゃ飲むわい。
飲まいでかっ。


まずは食前酒代わりにシャンパンを1杯。


で、これを飲み終えた頃に前菜。
マグロのタルタルとカニ。
eeg-antre.jpg
マスタードがきいてて美味い。ここは特に凝ってるわけではないけど、素直に美味いと思える前菜を出す。あと、フルーツもよく使うみたい。白ワインに合うー。


で、またしばらく時間が経過して・・・。


キャベツのスープ、カプチーノ仕立て。
eeg-soup.jpg
ちょっとカレー風味なのがユニーク。季節がら、不味いはずがない。


で、もちろんここで白ワインをお代わり。


このあたりで隣のテーブルがそわそわしだした。
「ねぇ、いいかげん言おうよ」とかなんとか・・・確かに彼らのテーブルから魚料理の皿が下げられたのは、我々のところにスープが来るか来ないかって頃。
カップルの女性のほうが意を決して言おうとしたそのとき、肉料理が運ばれてきた。ちょっとスリリングな瞬間。


そして我々もようやく魚。
これ、何のソースだったかしら・・・あまり記憶にない。
eeg-fish.jpg
(決して酔っ払ってたわけではありません)


さすがに飲みすぎか、、、、と、しばし水と会話でつなぐ。


肉料理。
牛モモ肉の煮込み。
eeg-beef.jpg
迷わず「赤ワインください」と言いたくなる1品。
やや重め、こってりめの肉なので、お腹にズガンときた。


デザートはグレープフルーツのテリーヌとミルクのアイス。
eeg-dessert.jpg
これ、両方ともツボにはまるデザート。さっぱり柑橘系とこってりミルクの組み合わせが最高!


最後にプティフールとコーヒーで2900円の満足メニュー。
やはりランチのほうがコスパ高いけど、遠出するからにはディナーかなぁ・・・とも思う。


とにかく、この店は少人数でやってるので、スローペースにじれることなく、
飲むしゃべるかして、気長に待つべし。




フレンチレストラン エッソンス・エ・グー
072-685-0313
高槻市天神町1-3-19フォレストコート高槻101
営業時間:11:30~LO13:00 18:00~LO21:00
定休日:水曜
スポンサーサイト
【2007/05/22 12:13】 | フレンチ | トラックバック(0) | コメント(3)
日牟禮茶屋 (近江八幡)
GWに滋賀に行った。(じ、地味だ・・・)


やはり、いま滋賀で最もアツいのはたねやひこにゃんだろう。


てことで現代を代表する近江商人、「たねや」が近江八幡の日牟禮神社の中に作っちゃった日牟禮(ひむれ)ビレッジ内にある「日牟禮茶屋」でランチすることにした。(近江牛専門店がやたら高かっただけという話もある)


店内は古民家ふうの内装なんだけど、人数が多かったこともあり、離れにある洋風の部屋に通された。
昔の広告のポスターが一面に貼ってあって、インテリアも含めてかなり好み。
himure-room.jpg
みんな、超くつろぎモードに入る。

もともとメニューは限られているが、GWはさらに選択肢が限られていたので、ほぼ自動的に「せいろ蒸し膳 2100円」に決定。
himure-lunch.jpg
蒸し寿司とおばんざいのセット。けっこうボリュームあり。
味のほうは及第点。思いのほか味が濃かったのはなぜだろう。コメにも味がついているので、もう少し薄味にしてほしかった。


驚いたのは、食前・食後の両方とも和菓子が出てきたこと。さすが和菓子屋。さすが「たねや」。こういうところ、ツボをついてるなー。(と、言いつつ甘いものモードでなかったので、食後の和菓子は残してしまった)


レギュラーメニューの中で注目すべきは、やはり「バームクーヘン豚の生姜焼膳」だろう。近江商人はバームクーヘンの切れっ端でブタ育てちゃってるらしいです。犬や猫だと甘いもの食べさせるのはNGって言われるけど、ブタはいいのか?それとも健康には悪いけど、どうせ太らせて食うんから無問題ってことなんだろうか・・・。 ブヒーッ!(涙)


わざわざ出かけて行くようなところではないけど、立ち寄るにはいい場所かも。
ここのクラブハリエも阪神の地下に匹敵するスゴイ人出でした。
あのバームクーヘンを「ギャートルズ食い」させてくれるなら、アタシも行列するかなぁ。。。。




日牟禮茶屋
滋賀県近江八幡市宮内町 日牟禮ヴィレッジ
0748-33-4444
営業時間:9:00~18:00
定休日:年中無休
【2007/05/16 11:34】 | 番外編:京都・滋賀 | トラックバック(0) | コメント(0)
カンティプール(中崎町) Part 2
皆様おなじみの「カンティプール」。


コースメニューがお得なこの店で、なかなかアラカルトに踏み切れない人は私だけではないはず。


そんなアナタに、「アラカルトにしてよかった」と思えるメニューをご紹介。


まずはドゥカールポレコ 840円
kantipur-chicken.jpg
鶏むね肉にほうれん草を詰めて焼いたもの。これがジューシィで美味。付け合せの野菜炒めみたいなのも含め、かなりボリュームのあるメニューで840円というコストパフォーマンス。ネパール料理がどうのとかってのはヌキにして、タンドリーチキンを犠牲にしても(いや、チキンティッカを犠牲にしても・・・かな?)、これをオーダーしていただきたいのである。


次なるオススメはネパール風焼きナスのカッテージチーズ乗せ・・・みたいなの・・・。(名前も値段も放念)

ナスと(たぶん)鶏ミンチを炒めて皮に詰めて、カッテージチーズをかけてある(のだと思う)。ナスフリークの私の中では、アルナーチャラム 京橋のナスカレーと双肩をナス(ぷっ)メニュー。


この2品にアチャール(ピクルスみたいなもん)、モモ(点心みたいなもん)、チョウメン(焼きうどんみたいなもん)を加えると、カレーなしでも大満足なコースが仕上がる。


ネパール料理とは、かくも奥が深いものなのだ。



ところで、何ヶ月か前に中崎町の飲み屋でカンティプールのシェフとしゃべったときに聞いたんだけど、かつては六本木にも店があったらしい。(今は渋谷だけ) 侮るなかれカンティプール!
ちなみに、そのシェフは一応ネパールの一流ホテル出身らしい。もちろん、「ネパールの一流ホテル」がどこかは知らないんだけどね。




ネパール料理 カンティプール Kantipur
大阪市北区黒崎町7-13
06-6359-3884
営業時間:11:30~15:00

>> カンティプール Part 1へ
【2007/05/09 15:33】 | インド・東南アジア系 | トラックバック(0) | コメント(2)
はり重 (道頓堀)
GWといえば家族サービス。


ということで、ワタクシも珍しく家族サービスイベントを企画、
題して 「親父、オゴリなら一緒にメシ食ってやってもよくってよ in ミナミ」を敢行した。
(我ながら地獄に落ちそう・・・)


ウチの親父の飲食店DBは20年近く更新されていないので、大阪でメシ食おうとなっても選択肢は両手でおつりが来る程度だ。


A.美々卯のうどんすき
B.ハマムラの中華
C.串の坊の串かつ
D.はり重のすきやき
E.松井の焼肉



これにオプションで
F.ミュンヘンのビール
G.たこ梅のおでん



をつければ、彼の守備範囲の9割はカバーできると言っても過言ではない。ずいぶんとこってりしたラインアップだが、とことん庶民な親父にとっては、「寿司以外の和食に大枚はたくのは勿体ない」らしい。


てことで今回はDコース、道頓堀の「はり重」に行った。
かれこれ5年ぶりに訪れた店内は・・・なんというか、質実剛健
hariju-room.jpg
同じ老舗でも、京都の三嶋亭やなんかとはずいぶんと趣が違う。驚いたことに、この本店は電話予約を受け付けていないらしい。ビーフワンの予約をしようってんじゃないのにー。(2人だったからかなぁ)
ちなみに、なぜかアメ村にある心斎橋店はゴージャスっぽいけど、値段も高い。


名物のすき焼きコースは6300円から肉のレベルによって3段階。
赤身好きの私と霜降り好きの親父との攻防の結果、間をとって8400円のコースに決定。


とりあえず、先付けのようなもので一杯飲む。
hariju-sakitsuke.jpg
うーん、イマイチ。一応、立派な懐石のコースもあるみたいなんだけど、この店で懐石を食べる気にはあまりならない。
「やっぱ肉だろ、肉」と男子高校生のような気分になる。


さて、お待ちかねの肉登場。これは文句なし。
hariju-sukiyaki.jpg
ちなみにここは、鍋で肉を焼かずに最初っから割下を入れる製法。
やっぱ美味い。元来、それほど肉好きではない人間が言うのだから間違いない。


何枚か肉を堪能した後のお楽しみは豆腐とネギ。あと、ちょっと珍しいのが三つ葉。さっと湯気を通して食べるとグー。


一人前は200gくらいだったかな?
我々には十分だったけど、男性は物足りない人が多いかも。
間違っても男子高校生を連れてきてはいけません。
かつて、キョーレツに肉食獣なツレと来たときは一人で3回も肉を追加して、支払いがえらいことになりました。


このあと、オプションのF(ミュンヘンのビール)が待っていたので、2人ともご飯はパスして下足番のおじいちゃんに別れを告げ、戎橋筋へ消えました。


あー、親孝行した。


ゴフッ・・・。



はり重 道頓堀本店
大阪市中央区道頓堀1-9-17
06-6211-7777 (※物販と洋食は別の番号です)
営業時間:11:30~21:30(LO20:40)
定休日:火曜日
【2007/05/07 15:12】 | 和系 | トラックバック(0) | コメント(2)
たけうちうどん店(中津)
今、話題のたけうちうどん。

とり天ぶっかけ 680円はお見事なコストパフォーマンス。


個人的には、も少し冷水でシメてエッジをきかせて欲しかった。
でも、人気があるのも頷ける。

takeuchi-toriten.jpg


この店については他ブロガー様たちとほぼ同意見なので、あまりグダグだ言いません。


ひとつだけ有益な情報があるとすれば・・・・


GW中は6日までお休みです。


ああっ、間に合ったかしら・・・。


たけうちうどん店
北区豊崎5-2-19
06-6375-0324
営業時間:11:30~15:00 17:00~20:00
※麺がなくなり次第終了
定休日:日曜日
【2007/05/02 13:34】 | 和系 | トラックバック(1) | コメント(3)
HOME

カテゴリー

ブログ内検索

FC2 Blog Ranking

更新頻度の参考に・・・

FC2ブログランキング

最近の記事

プロフィール

famao

  • Author:famao
  • ランチブログあらため、ただの食いしん坊日記として再スタート。コストパフォーマンス重視、コンセプト重視、味わいは「やや毒多め」です。そこんとこ差っ引いて読んでね。

最近のコメント

メールフォーム

お店の推薦や記事への意見・苦情、その他世間話はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

※08年4月~09年1月まで、使われていないアドレスで設定していたため、メールが届いていません。そのかんにメールいただいたかた、すみません!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。