オオサカ・ノ・バジェット・メシ
旧「南森町・天満エリアのバジェット・ランチ」。店の評価ポイントはズバリ「バランス感覚」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
cafe PRANA (天満橋)
中央区大手前といえば、言わずと知れた大阪の官公庁街。
去年、このお役所ストリートにマクロビカフェ「プラーナ」がオープンしたときは、「アラ~、なんか間違っちゃってるよ~」と思わず合掌したものだ。


しかも小さい店ならともかく、かなりの存在感を放つ規模の店なので、辺りを知る人間にとってはかなりの違和感を感じさせる店なのだ。
prana-outlook.jpg



しかし、大方の予想に反して(とことん無礼)、オープン1周年を迎えたと知り、ごくごく私的に・・・つまり私の心の中だけで1周年を祝うべくランチに出かけた。


ランチの種類はいちおう豊富。
健康な成年男性には「鳥のエサ」にしか見えないようなものも含めて6種類。

いわゆる「日替わり定食」玄米とオーガニック野菜のランチプレートをオーダー。
prana-lunch.jpg
ご飯を玄米&あずき粥にしてみた。


上の画像がイマイチなので、ズーム版も。
prana-zoom.jpg
さすがに超がつくほどのヘルシーなメニュー。メインの揚げ物もくるま麩のフライ。あとは和のお惣菜とサラダ。


味はまぁ無難。玄米とあずきのお粥は美味い。オーガニック系のわりに、全体的に味つけが濃い目という以外、特筆すべきことはなし。


しかし・・・・、しかしだ。


日頃から
「ソトコト」を愛読し、
常にエコバッグを持ち歩き、
週末にはピラティスに通い、
ロハスなライフスタイルを実践するワタクシ
 (全てウソです。スミマセン) ですが、


さすがに、これが950円ってどうよ!?


と思うわけです。

同じオーガニック系と比べてもコストパフォーマンスでは「富士のやさい塾」はおろか、
里山カフェ」や、「あすか」にもボロ負けではないか。


天井が高いしインテリアもまずまず。
空間づくりにはそれなりに成功していると思う。
あの場所に犬を連れてくる人がどれほどいるのかは別にしても、犬OKで看板犬(3匹)がいるのも個人的にはとても好ましい。 ・・・っつてもプードルなんだけどね。(大型短毛犬好きなもので)
お茶飲むにはいい場所だ。


場所が場所なんで、お米ギャラリーと全農みたいに、ここもどっかのキモ入りでやってるのかしらと思ったけど、そうでもなさそうなので、もうちょっとコスパを上げて欲しいなぁ。




cafe PRANA プラーナ

大阪市中央区大手前1-4-2 都住創大手前103
06-6944-3663
営業時間:????
定休日:月曜日


お店のHPから引用しようとしたんだけど・・・


> ※日・祝はCLOSED 21:00 L.O. 20:00
> ※毎週月曜定休


日・祝も定休日なのか?


わかんねぇ・・・。
スポンサーサイト
【2007/04/20 10:56】 | 天満橋エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(7)
ムジカ(堂島)
またまた堂島でランチタイムを逃したので、たまにはいいかとムジカに行ってみた。
オーナーは相変わらず怪しく、平日の真昼間からこの店でくつろぐ人々は「自分の世界」に浸っている。


こういう店では文庫本とか、雑誌なら「ソトコト」あたりが似合うんだろうなぁと思いつつ、つい「東洋経済」を広げてしまう自分に半ば嫌気がさすものの、そんなことすらどうでもいいかと思わせてしまうような空間だ。


紅茶は当然飲むとして、それなりにボリュームのありそうなメニュー、シシカバブサンドをオーダー。

いやー、これがなかなか美味い。肉汁がジュワッとしてて、スパイシーなケバブと、あっさりしたパンの組み合わせがグッド。

「いつかトルコに行って、サバサンドとケバブサンドを食べるのだ!」と思っていたけれど、ケバブサンドはこれでもいいかもしれない。。。
しかし、実のところ値段はイマイチよろしくない。これで1160円。


紅茶はニルギリ。
昔、紅茶といえばダージリンとオレンジペコ、アッサム、あと正露丸の匂いのアールグレイ、要はトワイニング紅茶しか知らなかったころに初めて飲んだニルギリ。ああ、なつかしい。


大阪の元祖ユルユルな店、永久(とこしえ)に。



ムジカ TEA HOUSE MUSICA
大阪市北区堂島浜1-4-4 
アクア堂島ビル フォンタナ3F
06-6344-6496
営業時間:10:00-21:00
定休日:日・祝
【2007/04/13 18:40】 | カフェ系 | トラックバック(0) | コメント(0)
大西亭(福島)
繁華街の大バコでもなく、老舗のグランメゾンでもないのに、「大西亭」は人の噂に上る店だ(った)。


私が見聞きした噂だけでも、
「とにかく予約が取れないのよっ!」
「すごいボリューム」
「肉料理がインパクトあったなぁー」
「二人で1皿シェアしてお腹いっぱいになったよー」
(←これは嘘だろ?)
・・・と、それぞれに興味をそそるものだったが、数年前に何度か週末ランチを予約しようとしてフラれたので、縁がなかったものとして諦めていた。


ようやく関西の食いしん坊達の来訪が一巡したのか、最近は予約が取れるらしいと聞いて、昨年末に食いしん坊万歳ズと初訪問。
(何ヶ月も前だし、ブログめんどくさい病の最中だったのでメニュー名はわかりません)


前菜、フォアグラのパテと友人セレクトのキッシュ。

どちらも野菜がドサッと乗っていて、いいかんじ。「ダン・ル・シエル」訪問以来、フォアグラとブリオッシュの組み合わせには弱い。


メイン、やはりここは肉か!?と思いつつ、魚。右は何かの鳥のパイ包み。
onishitei-main.jpg
魚料理なのに付け合せに肉が・・・さすがだ。魚も美味かったけど、やはりここは肉なのでしょう。


ここまでですでにワイン飲みまくり状態だったのでデザートの代わりにチーズを、そしてデザートは友人ズのものをツマミ食い。
洋梨の・・・なんだっけ?
onishitei-dessert2.jpg



これは、チーズだかミルクだか・・・。
onishitei-dessert1.jpg
(ダメだ、デザートになるとますます何も思い出せん)


ボリュームについては「ポーションがでかい!」という噂を鵜呑みにしすぎていたので、「なんだ、思ったよりたいしたことないじゃん」というのが正直な感想。「ラ・トォルトゥーガ」なんかのほうがでかい気がする。


味は、いかにもなビストロ料理。酒飲み向きってかんじ。
行ったことないけど、案外フランスの田舎にあるビストロに行くと、こんな料理が出てくるんじゃないかなぁ。
なんにせよ、メディアへの露出が減ってもそれなりに繁盛しているってのは、いいことだ。


3700円のコースが基本で、選ぶ皿によっては追加料金あり。
ワインも安いし、ガツガツ食ってガブガブ飲みたいときにどうぞ。


余談ですが、店と皿の雰囲気からして、シェフはさぞかしインパクトのある人なのかと思いきや、わりと普通の人でした。DIVA(天満)のシェフみたいな人を想像していたので、ややガッカリ。



大西亭
大阪市福島区福島2-10-23
06-6451-0740
営業時間:12:00-13:30/18:00-21:00
定休日:月曜日・第3日曜日
【2007/04/12 10:52】 | フレンチ | トラックバック(1) | コメント(2)
可真人 (天六/中崎町)
いまやヤングの街と化した中崎町周辺で、もはや珍しくも何ともなくなった古民家改造系の店、しかも従業員は若い兄ちゃんばかり。


「いやー、ここはアタシら大人が行く店じゃないでしょー」


そう思って放置していた店、それが焼き鳥屋「可真人(かまど)」。

ところがある夜、付近でメシ難民になって入って以来、うっかりリピーターになってしまった。


手作り感もあるわりに、妙にプロっぽい計算を感じる内装とか。

焼酎の品揃えとか。


kamado2.jpg
湯葉使ったつまみとか。


kamado1.jpg
個人的には焼酎が止まらなくなるアテ、梅くらげとか。


kamado-yakitori.jpg
思いの外美味い焼物とか。


何もかもがピカイチではないにせよ、及第点なのが素晴らしい。


そしてシメの炭水化物には興味のない私がついついオーダーしてしまうのが、この卵ご飯。
kamado-gohan.jpg
おひつに入った釜戸炊きご飯も、地鶏卵も、トッピングの鶏そぼろも、全てが絶妙。


値段も至ってリーズナブル。
ビールやら焼酎やらを何杯か飲んで、ひとり2~3000円くらいが平均てところか。


わざわざ遠方から来る店じゃないけど、たまに行きたくなる地元の店。
なのにせいぜい年3回くらいしか行かないのは、他にもいい店があるからだよなー。幸せな地域だ。



可真人 かまど
大阪市北区浮田1-5-23
06-6374-7077
営業時間:17:00-24:00(LO23:00)
【2007/04/10 10:05】 | 和系 | トラックバック(1) | コメント(1)
あらためまして、はじめまして
お久しぶりの人も、そうでない人も、
どうも、famaoです。

「趣味は食べ歩きです♪」なんて台詞はジャック・バウアーに拷問されても言いませんが、
心地よい空間で
不愉快でない人々と
美味いメシを食い
ほどほどに飲む ことが好きです。

旧ブログ「南森町・天満エリアのバジェットランチ」は、
かなりの店を行きつくして慢性ネタ切れ状態に陥り、
加えて「ブログめんどくさい病」にかかったために、
何の前触れもなく半年間放置することと相成りました。

このまま遺棄するか閉鎖するか・・・少しばかり迷いましたが、
もともと気まぐれではじめたブログなので、気まぐれに再開してみます。


再開にあたり、今後はランチ、ディナーを問わず、大阪の店をカテゴリ別に分類することにしましたが、南森町・天満エリアのランチ情報だけはエリア別に分類しなおしました。


放置期間が長かったので、このかんいただいたコメントについては、お返事できないものもあると思います。ご了承あれ。
【2007/04/09 17:52】 | はじめに | トラックバック(0) | コメント(6)
HOME

カテゴリー

ブログ内検索

FC2 Blog Ranking

更新頻度の参考に・・・

FC2ブログランキング

最近の記事

プロフィール

famao

  • Author:famao
  • ランチブログあらため、ただの食いしん坊日記として再スタート。コストパフォーマンス重視、コンセプト重視、味わいは「やや毒多め」です。そこんとこ差っ引いて読んでね。

最近のコメント

メールフォーム

お店の推薦や記事への意見・苦情、その他世間話はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

※08年4月~09年1月まで、使われていないアドレスで設定していたため、メールが届いていません。そのかんにメールいただいたかた、すみません!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。