オオサカ・ノ・バジェット・メシ
旧「南森町・天満エリアのバジェット・ランチ」。店の評価ポイントはズバリ「バランス感覚」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
中華 牡丹楼 (西天満)
このお店は閉店したそうです。
店はともかく、あの風情ある建屋ごと取り壊されたもよう。
次、何が建つの知らんが、けしからん!


いつの間にやら「牡丹楼」に名前を変えて、「別館 ぼたん」は「個室 牡丹楼」に、中華の「ムゥタン」は「中華 牡丹楼」になっていた。

和食のほうはランチをやめたようだけど、他はとくに変わったようすもない。名前変える必要あるのか?
「カウス」にでも変えてくれるなら、まだ意味もあろうに・・・。
(と、本気で書いてしまう愚かなファン心理)

相変わらず、お天気のいい日に最高の店。


本日のお目当てはコメントやメールで複数のかたからおすすめいただいた坦々麺!

実は前からフカヒレ麺を狙ってたんだけど、こんなに何人もの人びとからすすめられたからには(ほんと、珍しいくらい多かったのですよ)、食べないわけにはいかない。

しかし、日の差すテーブルに案内されたために、写真は最強にヒドイ。
botanro-dandanmin.jpg
この補正は私にはできん。

で、肝心のお味はというと、ちゃんと辛くて、上に乗ったナッツが香ばしくて、これはハマる!福龍園とはまた違った美味さ。

単品で850円は決して安くはないけど、絶対また来るだろうなーと思わせる味。
畳の上で小汗をかいたあとは、庭をながめながらしばしボケー。
やっぱこの空間、貴重かも。

この店の唯一の難点は、スタッフ。
この雰囲気、この場所で、なんでこんな堀江のカフェのお姉ちゃんみたいなスタッフばかりなんだろう。。。
も少し年齢も品もUPしたスタッフに迎えられたら、文句なしなのになぁ。

■本日のメニュー:
坦々麺 850円

■お店の情報:
中華 牡丹楼
大阪市北区西天満2-2-2
06-6364-0431
ランチタイム:11:30~14:00(LO 13:40)
スポンサーサイト
【2006/09/30 13:35】 | 西天満エリアのランチ | トラックバック(1) | コメント(0)
オステリア・ヴェルジーネ (北浜) Part 2

サラダバーにつられて、またも「オステリア・ヴェルジーネ」へやってきた。
今度はハンバーグランチ。いちおう「限定」
1時過ぎてるけど、「限定」。何か文句ありますか?

と、まあ意味もなくケンカ腰になってみたりしつつ、サラダバーでサラダをモサモサ堪能し、ハンバーグを待つことしばし。
来た。
vergine-hanburg.jpg

な、なんかえらく寂しいビジュアルじゃないか?
もっかいサラダバー行って、自分で飾りつけしようかと思ったくらい、地味なビジュアル。
ま、シンプルでいいといえばいいんですが。

お味のほうは・・・「限定」ってほどでもないなあー。
やっぱハンバーグは強敵が多いよね、ウン。

■本日のメニュー:
ハンバーグランチ(サラダバー、ハンバーグ、ライスorパン、コーヒーor紅茶) 950円

■お店の情報:
オステリア・ヴェルジーネ Osteria Vergine
大阪市中央区今橋1-4-1
06-6228-9229
ランチタイム:11:00~14:30

>> オステリア・ヴェルジーネ Part 1へ
【2006/09/29 17:48】 | 北浜エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(0)
ルセット (三宮)
さっき、自分のブログを見て「いくらランチブログとはいえ、ここんところの地味さはどうよ!?」と思ってしまったので、ここらでちょっと派手めの記事をあげておこうかと考えました。

今回は趣向を変えて、まずは料理写真ショーをどうぞ。
(※写真クリックで拡大します)

前菜。
recette-entre.jpg

魚料理。
recette-fish.jpg

茶碗むし。
recette-pudding.jpg

肉料理。
recette-duck.jpg

夕張メロンのシャーベット。
recette-whatwasit.jpg

ココナッツのブラマンジェとホワイトチョコのミルフィーユ。
recette-dessert1.jpg

友人が選んだチョコレートケーキ(って、そのままや! 名前忘れました)
recette-dessert2.jpg

わかる人には写真だけでもわかるかも!?なお店。
神戸のフレンチ「ルセット」に行ってきますた。

いつの間にかAllAboutのガイドに就任されたいさをさんのHPを見ながら、はしたなくも垂涎が止まらない日々を過ごしてきたのですが(もちろん、それは言いすぎなんですが)、ちょうど神戸に行く機会ができたので、友人に「ルセット行くで。ええから予約しといて!」てなかんじで、かなりゴーインに決定。
しかも、その友人がお店のブログで6周年記念メニューを発見

内容はこんなかんじ。
--------------------------------
お食事前のお愉しみ 秋の訪れ

オマール海老のショー・フロワ ガルグイユ仕立て
コライユのクーリーとベト・ラヴのヴィネグレットソース

徳島産あわびとフォアグラのパイ包み殻焼き“ア・ラ・コック”
オニオンのコンフィ風味

セロリ・ラブのフラン 松茸のグリエ添え

仏ブレス産コル・ベール(青首鴨)のロースト 秋トリュフの香り
キュイスとシャテーニュ栗のラグーと共に

アヴァン・デセール

デザート

コーヒー・紅茶・エスプレッソ・ハーブティー
--------------------------------
(よーわからんコトバも満載・・・)
これにブログを見て予約したらシャンパンが1杯ついて、1万円。
「それや!」と即予約したのでした。

9月限定メニューなんで、「もっと早くUPしろよ!」というツッコミもいただきそうですが、それはさらりと無視するとして・・・とにかく、ワタクシ的に一言で表すなら鴨ウマ!!でした。
野鳥っぽさはマイルドで、でも「肉」の存在感たっぷりなこの鴨は秀逸。付け合せの栗も絶妙で、「あぁ~~~、秋ねえぇぇ~」ババア丸出しのコメントが口をついて出ました。

想像してたよりもずっとカジュアルな店で、サービスもフレンドリー。
フロアのお兄ちゃんがどうも天然くさいのもご愛嬌という程度。
グラスワイン(800円くらい)も豊富だし、かなり気に入った。

大満足で店のドアを開けたら、、、犬に吠えられました。
「この、酔っ払いがっ!」と聞こえたのはそら耳か!?

■お店の情報:
ルセット Recette
神戸市中央区山本通2-2-13 シルクハイツII B1F
078-221-0211
ディナータイム:17:30~LO21:30
【2006/09/28 18:03】 | 番外編:神戸 | トラックバック(2) | コメント(4)
地中海食堂 プリシャス (南森町) Part 3
久々の「プリシャス」。
ストレスゲージが満タン状態だったので、メインつきのランチに。

前菜盛り合わせ。

むーー、可もなく不可もなく。

パスタ。ベーコン、フレッシュトマトとパルミジャーノのスパゲッティ。
plicious-pasta.jpg
この店ではいつもパスタに文句をたれてきたんで、全く期待してなかったんですが、今日のはウマイ! ゆで加減もソースもバッチリ!
なーんだ、やればできるんじゃないよ。 (ほんと、ナニサマ?)

メイン。若鶏のトマト煮込み クミンソース。
plicious-main.jpg
骨付きの鶏がホロホロ崩れるくらい煮込まれてあって、まずまず。

デザート盛り合わせ。
plicious-dessert.jpg
スイカですか。。。

やっぱり、、、ここのランチって地味!

1500円でメインまで出すのが大変なのはわかるんだけど、きっちり原価コントロールされてる感がビジュアルにまで出ちゃうのはどうなのかしら?と思うわけです。
あと200円出してもいいから、もう少し「ハレの日ランチ」ってかんじが欲しいよなー。
(個人的には、お値段据え置きでデザートなしってのがいいけど)

ああ、今日は毒吐くつもりじゃなかったのに・・・。

■本日のランチ:
前菜、パスタ、メイン、デザート、コーヒー 1500円

■お店の情報:
地中海食堂 プリシャス
大阪市北区天満4-8-16 グレイスイン天満1F
06-6353-0006
ランチタイム:11:30~LO14:30

>> 地中海食堂 プリシャス Part 2へ
【2006/09/27 09:57】 | 南森町エリアのランチ | トラックバック(1) | コメント(0)
クゥー・ドゥ・ヴァン (天満橋)
天満橋の北側、ポンテベッキオ跡地に昨年オープンしたフレンチの店「COEUR de FRANCE」は、私にとってポンテベッキオ同様、近くて遠い店だ。

一番安いランチで2800円という強気な価格設定も、ポンテベッキオなままの高級感から見ても、とても一人ランチって店ではない。
一回くらい行ってみたいけど、あいにくそんな優雅なランチに付き合ってくれる同僚もいないし・・・(あ、なんか涙出てきた)

・・・と、ランチタイムの検討対象から除外していたのだが、先日ふと近くを通ったときに、店の横に小さな店ができていることに気づいた。
私の野生の勘が「あのフレンチの店がワインバーでも出したに違いないっ!」と騒ぎ立てるので、ランチタイムに行ってみたら、備後! そのとおりでした。

ランチは2種類。
「パスタランチ」と「シェフのまかないカレー」。
どちらのランチにも、今はやりなのか?サラダバーがつく。
こんなかんじで。
coeurdevin-salad.jpg
サラダバーは、ヴェルジーネほど種類は多くないけど、一通り食べたいものは揃ってる。
で、このパンがなかなか美味い。見た目、パサパサ感ただようパンなのに、食べてみたらしっとりとした食感でオリーブオイルとハーブの香りがふわーっと広がる。

日替わりのパスタ(小エビと水菜のオイルソース)。
coeurdefrance-pasta.jpg
この麺はいったいナニ!?
むっちゃ好みのアルデンテ具合!ちょっと雑穀が入ったようなこのパスタも珍しい。
小エビもゆでてソースにからめただけじゃなくて、ちょっとハーブ味がして、焼き色がついてる。
仕事が細かいっ!

それもそのはず、この店には厨房がない
つまり、隣のCOEUR de FRANCEの厨房で(見習いシェフあたりが)作ってるということ。
だから素材がいいし、腕もよいのだ。
まさに「スーパーまかないワインバー」ってかんじ。

これは晩も期待できそう!!(晩は晩でビストロ料理やらつまみがいろいろあるもよう)
すぐにでも行きたいところだけど、10時閉店かー。
お願いだから、せめて0時まで営業してくれー。

(ちなみに・・・ここんところは、行った日とブログをUPしてる日はかなりちゃいます)

■本日のメニュー:
パスタランチ(サラダバー、パスタ、パン) 840円

■お店の情報:
BISTROT BAR COEUR de VIN クー・ド・ヴァン
大阪市北区天満1-5-2 トリシマオフィスワンビル1F 102号
06-6351-4088
ランチタイム:???
【2006/09/13 17:15】 | 天満橋エリアのランチ | トラックバック(1) | コメント(4)
HOME

カテゴリー

ブログ内検索

FC2 Blog Ranking

更新頻度の参考に・・・

FC2ブログランキング

最近の記事

プロフィール

famao

  • Author:famao
  • ランチブログあらため、ただの食いしん坊日記として再スタート。コストパフォーマンス重視、コンセプト重視、味わいは「やや毒多め」です。そこんとこ差っ引いて読んでね。

最近のコメント

メールフォーム

お店の推薦や記事への意見・苦情、その他世間話はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

※08年4月~09年1月まで、使われていないアドレスで設定していたため、メールが届いていません。そのかんにメールいただいたかた、すみません!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。