オオサカ・ノ・バジェット・メシ
旧「南森町・天満エリアのバジェット・ランチ」。店の評価ポイントはズバリ「バランス感覚」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
メサイ(南森町) Part 1
mesai1.jpg


外国の料理に関して、「現地っぽさ」を求める人は多いが、逆に「あの、ここまで現地じゃなくていいんですけど・・・」と言いたくなる店もある。

「メサイ」は老舗のタイ料理屋。シェフはタイ人だし、暗い店内には有難くないタイっぽさが漂っているし、2Fでタイマッサージまでやっている。現地っぽさ炸裂!(まぁ、タイに行ったことはないのだが・・・)

ここのランチは月~金まで同じメニュー。しかも、1つだけ。しかも、その「サービスランチ」で何が出てくるのかはどこにも書いていない。

まず、テーブルにつくと2~3分で上の写真のグリーンカレーが無造作に出される。ひっじょーにぬるいカレー。でも、味はまぁまぁ。

「これで800円かぁ・・・」なんて思いながら、モソモソとグリーンカレーを食べていると、ダン!とテーブルに何かが置かれる。
mesai2.jpg

中皿いっぱいのパッタイ(焼きそばみたいなもん)とチキン(揚げた後味付けされたもの)だ。

この「ざっくり」したかんじが、非常に現地っぽいのだが、味だけは別。タイ料理につきものの、酸味もハーブも足りない。老舗だけに、日本になじんじゃったんだろうな。いっそ、内装やサービスも日本流にしてくれてもいいのに・・・。

でも、ボリューム満点。おなかいっぱい。ゲフッ


■本日のメニュー:
サービスランチ(グリーンカレー、パッタイ、チキン) 800円

■お店の情報:
タイ料理 メサイ
大阪市北区天神橋1-12-20
06-6357-1678
ランチタイム:11:30~14:00
スポンサーサイト
【2005/02/24 14:36】 | 南森町エリアのランチ | トラックバック(1) | コメント(0)
大乃や 青竹庵(天満橋)
20050223161028.jpg


旧松坂屋の地下にDELISTAという京阪がやってるデパ地下のようなものができた。「青い麦」が入っていると聞いて行ってみて以来、ちょっと気に入っている。このへんでデパ地下的な場所は貴重だ。

「大乃や 青竹庵」は、老舗料亭「大乃や」のちょっとだけカジュアルなお店で、DELISTA内にある天満橋店はさらにその出店にあたる。カウンターと2人がけのテーブル席が2つの小さなスペース。

メニューも「かきあげ丼」「天丼」「天ぷら定食」の3種類、といたってシンプル。かきあげ丼を選んで待つ。もちろん、注文してから揚げるので、けっこう待つ。カウンターに鈴なりのおばちゃん&おばあちゃん達の注文が先だ。

いやーーー、待った甲斐があったね。美味!
サックサクのかきあげは、野菜も海老もたっぷり。
何がいいって、天つゆをお好みでかけられること。ちょこっとずつかけながら調整できるので、ゴハンが天つゆに浸かっちゃうってこともない。素晴らしい!!

やっぱ天ぷらと寿司はプロに限るね。


■本日のメニュー:
かき揚げ丼(+汁物・香の物) 900円

■お店の情報:
大乃や 青竹庵 天満橋店
大阪市中央区天満橋京町1-1 京阪ビルディングB2F
営業時間:10:00~20:00
【2005/02/23 16:55】 | 天満橋エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(0)
ビランチャ(南森町)
20050222142612.jpg


最近、パスタ好きモードなので、先週ふられた「ビランチャ」でランチ。
写真はチンゲン菜とベーコンのパスタ。

実はここ、ひとつだけ納得いかないことがある。
カウンター席が6席くらいあって、一人の客はそこに通される。これがオステリア・ドゥエ・ガッリのように広いカウンターでもなく、並んで座るとちょっと窮屈。混んでるときは仕方ないのだが、1時すぎにランチに行って、明らかに2人席が2つくらい空いていても、カウンターが埋まるまで一人客をカウンターに通すのだ。結果、せせこましいカウンターに一人客が5人鈴なりになる一方で、背後のテーブル席には1組しか客がいない、なんてことが平気で起こる。
この微妙な不愉快さ、わかりますか

愚痴はこのへんにして・・・ビランチャは小さい店なのにわりとサービスが行き届いている。ホールに2人いるし。厨房にも必ず3人は配置されているので、「腹へったー、メシ食わせーー」という状況にはならない。

味は並!
並に美味しい。(少し塩のきつい店ではあるが)
ランチは3種類あるが、これもいろんな意味で並!
特に前菜が優れているわけでも、特にボリュームが多いわけでも、特にコストパフォーマンスが高いわけでもない。でも、「あー、ちょっとパスタ食べたいなー」と思ったときには、ここに行けばよいと思う。

真ん中のコース(1500円)には、選べないメインがつくのだけど、これが実に単調。骨付き鶏のローストか豚のどっちかかな。せめて魚か肉を選べるようにすればいいのに・・・。


■本日のメニュー:
Aランチ(前菜、パスタ、パン) 900円

■お店の情報:
ビランチャ
大阪府大阪市北区東天満1-10-10 サンファースト南森町ビル1F
06-6882-2020
ランチタイム:11:30~LO14:00
【2005/02/22 15:03】 | 南森町エリアのランチ | トラックバック(2) | コメント(4)
アルナーチャラム(天満橋) Part 1
20050218142710.jpg


インドに行ったことはないが、インド料理が好きだ。自分でもスパイスをミックスしてカレーを作るくらい好きだ。(だから写真も撮り忘れた。これはメニューを撮影)
小麦粉使った日本カレーもたまにはいいけど、重たくてしんどい。

でも、好きすぎて、インドカレーに対してシビアな判断が下せない。インド系カレーに関してはどこまでも甘口になってしまう。
と、ゆーことでアルナーチャラムも「カレー、おいしかった!」です。

客観的評価のために、もう少し説明しておこう。
トマトベースがかなり強いカレー、なので甘みが強いように感じる。あと、このこってり感は何なんだろう?ヨーグルトかなぁ?それともギィ(インドのバター)かなぁ?独特のこってり感がある。チキンカレーのチキンは、もっとでかい切り身をホロホロになるまで煮込んでほしい。あと、ライスをサフランライスにするか、白飯でもいいから、せめてあと少し水分減らして炊いてほしい。

このランチはナン食べ放題。ですが、ナンは注文してから焼いているので、早めに言おう。

ちなみに、晩はオーダーバイキングもやっている。大勢で行くとよさそう。


■本日のメニュー:
Bランチ(チキンカレー、野菜カレー、チキンティッカ、サラダ、ナン、ライス) 780円
チャイ +120円

■お店の情報:
アルナーチャラム 天満橋店
大阪府大阪市中央区北浜東1-14-B1
06-6944-8244
ランチタイム:11:30~LO14:30

【2005/02/18 14:47】 | 天満橋エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(2)
潘街粥麺専家(東京:神保町)
20050218004845.jpg


ここんところ東京出張が多いけど、いつも忙しくてろくなランチにありついたことがない気がする。

今日もランチに出られたのが3時前。オフィスのある神保町付近はいろいろと魅力的なランチスポットがあるらしいが、地理がわからない上に、時間が時間なので、いつもの店へ。

潘街粥麺専家」は、東京駅に1号店ができて以来、着々と店舗を増やしている香港麺と粥の店。神保町は2号店で、立ち食いの東京駅店と違って、座席スペースがちゃんとある。バーならともかく、立ち食いはヤダな。

東京のランチは総じて高いが、ここは別格。麺と粥、お茶のセットで600円ちょっと。これはまさに価格設定の勝利。これが800円なら香港での麺粥価格が思い出されて躊躇するはず。

味もまあまあ。麺は香港で食べたのとおんなじ。こういう麺って扱いやすそう。伸びたりしてもわかんないし。私の好きなザーサイと黒酢が置いてあるのがうれしい。麺にも粥にもトッピングする。

この店、南森町にもできてほしいなぁ。。。
その前にシアトルコーヒー系の店が先かもしれないけど。(ドトールはもういいですからー!)

あ、今度泊まりで行ったときは、朝ごはんにお粥だけ食べに行こうっと。


■本日のメニュー:
海老雲呑麺セット(麺+粥+ジャスミン茶) 650円

■お店の情報:
潘街粥麺専家 神保町店
東京都千代田区神田神保町1-103 東京パークタワー西棟104号
03-3292-6788
営業時間:平日8:00~23:00 土日祝10:00~22:30
【2005/02/17 15:47】 | 番外編:東京 | トラックバック(0) | コメント(0)
B.H.F. Collection (南森町) Part 1
閉店しました。残念!!
20050216143334.jpg


B.H.F. Collectionは、アルチェントログループのお店。さしずめ「NYスタイルイタリアン」ってかんじでしょうか。店内もモダン(でも、これは前にあった店のを流用してるかんじ)。

パスタランチとプリフィックスランチがある。今日は腹ペコだったので、もちろんプリフィックスランチ。

前菜はじゃがいもと玉葱のポワレが入ったオムレツを選択。そこそこボリュームもあって、ふわふわでおいしい。フォカッチャみたいなパンが2種類出てきて、これもかなり美味。ハーブの入ったのが最高。テーブルにオリーブオイルがあったので、それをつけて食べる。

メインはパスタにした。スモークサーモンとズッキーニのクリームソース、これはまぁ、想像したとおりの味。我慢できなくなって、白のグラスワインをオーダー。(ちょっと出てくるのが遅い)

ここは、ランチながらメニューが豊富で、「コレ、何?」ってメニューも多い。
メニュー例)●は前菜、◎はメインorパスタ
●宇和島産 鯛のカルパッチョ 彩り野菜とともに
●地中海香る サーモンの瞬間燻製 タプナードソースで
●紅あずま芋と生ハムのファゴッティーノ
●牛イチボ肉のタリアータはシンプルにルッコラとパルミジャーノで
◎卵黄をたっぷり練りこんだパッパルデッレ
◎イカスミを練りこんだフェトチーネは小海老、白菜と軽いトマトソースで
◎栄養吸収抜群!玄米を練りこんだリガトーニは生姜風味の地鶏ラグーで
◎有機小麦を練りこんだカーサレッチェは蛸とブッタネスカのソースで
◎日替わりのお魚料理
◎日替わりのお肉料理

これで、今日あった選択肢の7割かな。最後の2つが妙にかわいく見える・・・。


■本日のメニュー:
プリフィックスランチ 1300円
(前菜、パスタ、ジェラート、パン、コーヒー)

■お店の情報:
B.H.F. Collection
大阪市北区天神橋2丁目2-10 Y'sビル 1, 2F
06-6882-4177
ランチタイム:11:30~LO14:00
【2005/02/16 14:55】 | 南森町エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(0)
あうる(南森町)
20050215145313.jpg


「あうる」は豆腐料理に力を入れた居酒屋で、たまに飲みに行くのですが、ランチは初めて。

Aランチ(ホイコーロー)、Bランチ(和風ハンバーグ)、チキンカレーの3種類だったのですが、Bランチが売り切れ。ショック!豚肉はあまり好きでないので、チキンカレーにしました。

意外とうまい。骨付きチキンで煮込んであるからかな。個人的にはもちょっと辛いほうがよいのだけど。
食後、「ヨーグルトです」と言って、豆小鉢に入った白い液体が運ばれてきた。これはさしずめ、「ヨーグルトのカルピス割り」かな。甘くて怪しい。


■本日のメニュー:
チキンカレー(小鉢付き) 650円
コーヒー +100円

■お店の情報:
大皿旬菜・とうふ料理 あうる
大阪市北区天神橋1-12-13 日宝天神ビル1階
06-6882-2960
ランチタイム:11:30~14:00

【2005/02/15 15:23】 | 南森町エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(0)
西洋料理 井上義平 (西天満)
20050211100014.jpg

今日はディナーのお話。

ジーニス大阪の近くに、新しいフレンチができたと聞いて行ってみた。この「西洋料理 井上義平 いまとむかし」というツッコミどころの多い名前のフレンチレストランは、2004年の10月にオープンしたらしいのだが、メディアへの露出が少ないためか、週末だというのに全く混んでいない。すぐ近くの殺人的に予約がとれないイタリアン、イル・チプレッソと対照的だ。でも、重労働&ストレス満載の週末にぴったり。

シェフは池田の老舗フレンチ「パリ菜」(私は知らなかったのだが)のシェフだったらしい。
この店を一言で表すと、フレンチ版「幸楽」。(「渡る世間・・」の中華屋ね)
いろんな意味でアットホームってことです。

とりあえずワイン。連れがあまり飲まないので、白のカラフェにしとく。フルボトルも1900円からだ。これは素晴らしい!ぜひ、今度飲む連中と来よう。カラフェのワインもすっきりしてて、スタートにはちょうどいい。

いまHP見てて気づいた。たぶん、サービス担当のギラギラしたオヤジがシェフなのでは?まさかとは思ったけど、仕込みだけするのかね。

まず、前菜。
仕切りのある四角のでかい皿に鴨のサラダ、パテ、タコのマリネ、ラタトゥイユ(?)が盛られている。こっちは腹ペコなのだが、皿を運んできた女性が「お料理の説明をさせていただきます」と言うので待つ。実におっとりと、ぎこちない説明。そして最後に唯一自信を持って一言、「お箸でお召上がりください!」・・・ありがとう。でも、好きにさせてくれ・・・。(と言いつつ箸で食べました。素直なので)

魚料理。(写真)
白身魚の上にジャガイモのっけてソテーってところか。その横にフォアグラのパイ包み。まさか、魚料理でフォアグラがくるとは思ってもいなかったが、これはうまい。魚のほうもジャガイモがサクサクしててよい。白ワインすすむ。赤のカラフェも注文。

肉料理。
牛ヒレのソテー。これ自体はよくあるお味。でも、これまたでかい皿には、このほかに牛肉の赤ワイン煮込みやら、お米やらがちょこちょこ乗っかってる。酒飲みにはすごくうれしい皿。
赤ワイン煮込みはかなり美味だった。

デザート、コーヒー。
横長のお皿に、グァバのムース、食用ホオズキとホオズキのソルベ、すだちのソルベ、シフォンケーキが並ぶ。感動したのはすだちのソルベ。ちょっとシュワッと炭酸ぽい感覚が舌にきたあと、さわやかな甘酸っぱさが口全体に広がるかんじ。(そーいう芝居じみた表現をしたくなるくらい旨かったってこと)


店名はもちろん、サービスをするシェフや、なぜか内側に配置された魚用ナイフとフォーク、お会計のときに出てきた「普段着度100%」のマダム、あれやこれやツッコミたくなるポイントはある。しかし・・・3500円で魚も肉も食べれて、ボトル1900円~、他に何を望む?
あ、念のため、料理はどれもすごく手が込んでた。安いけど、ええかげんなことはしてない。

今度は2000円のコース(メイン1品)あたりでじっくり飲みに来よう。もうちょっと遅くまでやってくれたらいいのになぁ。


■昨晩のメニュー:
Aコース 3500円
前菜盛り合わせ、本日の魚料理、メイン(肉料理から選択)、ケーキの盛り合わせ、パン、コーヒー
カラフェ(赤・白) 各1300円

■お店の情報:
西洋料理 井上義平 いまとむかし
大阪市北区西天満3丁目8-7
06-6364-1136
ディナータイム:17:30 ~ 23:00(LO22:00)
【2005/02/11 10:52】 | 西天満エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(2)
dieci (天一) Part 1
昨日は深夜3時まで働く羽目になり、今朝も寝坊→ダッシュで出社。やっとランチにありつけたのは2時。
こんな時間からランチできるところは限られている。
ということで、今日はdieci

北欧インテリアの店としても有名なこの店のウリは、インテリアと音楽と雑誌。どれも、えーかんじにイケてて、えーかんじに力が抜けている。ファッションとかカルチャー系の雑誌が充実してるので、一人ランチの方が楽しい。

ここのランチは日替わりなので、当たり外れがある。私のオススメは野菜カレーとオムハヤシ。あと、木曜日のパスタは当たりが多い。今日は当たり。生クリームと牛乳ベースのさらさらクリームソーススパゲッティの上に、明太子のかたまりと卵黄、大葉がのってる。それをぐじゃぐじゃ混ぜて食べる。(空腹すぎて写真撮るの忘れた)

材料が余ってたら4時でもランチを出してくれる、すごく有難い店です。

■本日のメニュー:
日替わりランチ(明太子のカルボナーラ+豆腐のサラダ) 800円
プラス100円でコーヒーが飲める。カプチーノにしてもプラス200円。

■お店の情報:
dieci(ディエチ)
大阪市北区天神橋1-1-11 天一ビル
06-6882-7828
ランチタイム:12:00~なくなるまで
【2005/02/10 15:37】 | 南森町エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(0)
TIME CAFE(三宮)
20050209211147.jpg

今日は三宮で12:45アポ~午後いっぱいスケジュールびっちり、という「ランチ食いっぱぐれ」コース・・・と思いきや、途中で待ち時間ができた。ラッキー!

ということで、2日目にして番外編。三宮のビームス2FにあるTIME CAFEに行きました。

まー、スイーツとサンドウィッチが中心のメニューなんで、選択肢はあまりない。味はいたって普通。牛肉のサラダみたいなのが付け合せについてるんだけど、普通にフレンチフライとかがついてるほうがいい気がする。またはラタトウィユだね。

若かりし頃(?)、カフェ自体が少なかった頃はすごくイケてると思ってたけど、今も昔もエッジーであり続けることなんて不可能だろうな。
皿下げるときだけやたら素早いお店の兄ちゃんにピクリとしたものの、「ここは私のテリトリーではない」と言い聞かせました。

■本日のメニュー:
チキンのオリエンタル(?)サンド+カフェオレ 1100円くらい

■お店の情報:
TIME CAFE(三宮)
神戸市中央区御幸通7-1-15 三宮ビル南館2F
078-230-7693
営業時間:11:00~20:00
【2005/02/09 21:59】 | 番外編:神戸 | トラックバック(0) | コメント(0)
四川辣麺 (扇町) Part 1
20050208140244.jpg
今日はランチブログ初日だし、朝から何も食ってないので、無性にパスタが食べたい!と思った。
ので、まずはビランチャに行った。「5周年記念イベントの準備につき・・・」ランチ休み。
「上等じゃねぇか!」と天神橋筋商店街を北上、オステリア・ディ・レンドラに向かう。がっ、ここでもなぜかシャッターが!
「アカン、今日はイタリアンをあきらめよう・・・」と入ったのがここ。担々麺の四川辣麺。

ここのウリはSonyStyleばりのカスタマイズだろう。
すりゴマ、豆板醤、一味、胡椒、ライチ酢、ザーサイ、にんにくチップ・・・好みであれこれぶっかけて食べる。私の場合、すりゴマを7杯くらいかけたあと、一味たっぷり、豆板醤少し(塩辛いから)、ザーサイ少し(これも塩辛いので、もっと入れたいけど我慢)、それにライチ酢をかける。辛っ!ウマッ!

お昼のメニューには、元味、新味、酸辣と3種類あるが、ここ1年くらいの好みは新味。元味が一番ベーシックだけど、肉っぽくて粗いミンチに抵抗を感じるので、最近は角煮のようなのが乗っている新味にして、赤身だけを食べる。(脂身嫌い)

写真の左下に写る物体はライチ。これを食えというなら、おしぼり出せ!といつも思う。つい面倒でほとんど食べたことがない。これがここの難点のひとつ。あとは、床が油でぬめってるのと、さっきも書いたけど、ザーサイが塩辛すぎること。(これはわざとか?)それ以外は普通に旨い店。(私はあまりラーメンを食べないので、比較対象がインスタントラーメンだったりするのだが・・・)

■本日のメニュー:
新味セット(坦々麺+半チャーハン) 800円

■お店の情報:
四川辣麺 扇町店
大阪市北区天神橋3-11-7サンアールビル1F
06-6354-2422
ランチタイム:12:00~15:00
【2005/02/08 14:32】 | 天満エリアのランチ | トラックバック(0) | コメント(0)
HOME

カテゴリー

ブログ内検索

FC2 Blog Ranking

更新頻度の参考に・・・

FC2ブログランキング

最近の記事

プロフィール

famao

  • Author:famao
  • ランチブログあらため、ただの食いしん坊日記として再スタート。コストパフォーマンス重視、コンセプト重視、味わいは「やや毒多め」です。そこんとこ差っ引いて読んでね。

最近のコメント

メールフォーム

お店の推薦や記事への意見・苦情、その他世間話はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

※08年4月~09年1月まで、使われていないアドレスで設定していたため、メールが届いていません。そのかんにメールいただいたかた、すみません!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。