オオサカ・ノ・バジェット・メシ
旧「南森町・天満エリアのバジェット・ランチ」。店の評価ポイントはズバリ「バランス感覚」です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
スイートバジル (福島)
タイ料理に目覚めて約3年。(意外に浅い)
最近は自分でも作る。


昨年、初めてのタイ旅行に行ったとき、バンコク在住の知り合いと食事をする機会があった。私が本場のソムタム(青パパイヤのサラダ)に感動していたら、彼が「確かにソムタムはタイで食べるほうが美味しいけど、大阪にタイで食べるより美味しいタイ料理屋があるんですよ」とか言うのですよ。



・・・っていうか、タイでタイ料理食べてる関西人つかまえてそんなこと言う!?


その「本場より美味いタイ料理屋」というのが、福島の「スイートバジル」だ。


そのエピソードがあったせいか、ただの偶然か、なんとなく行く機会がなかったのですが、前から行ってみたかった店ではあるので、辛いもの好きのツワモノ4名で行ってみることにした。


シンハー飲みつつ、まずは揚げエビ春巻き。

まぁ、普通に美味い。


お約束のソムタム。
sweetbasil-somtum.jpg
北浜のNeo Thaiではお目にかかったことがない(メニューにはある)ソムタム。これも美味い。美味いが辛い。かなり辛い。このソムタム、実は私の大好物でして、先日、わざわざ青パパイヤを仕入れて作ってみました。コレ、意外と簡単です。ソムタムが美味いかどうかはライムと干しエビにかかっているとみた。


世界三大スープ(って何なんだよっ)のひとつ、トムヤムクン。
sweetbasil-tomyumkun.jpg
これは意外にあっさり、さっぱり、辛くない。ハーブの香りはバッチリしてるんだけど、けっこう「ガッツーン」というインパクトを期待していたせいか、肩すかし。


近くのテーブルのカップルが頼んでいたのを見て、食い意地の張った面々が「あれ、ウマそう」とオーダーした鶏ミンチとハーブ、チェンマイ式サラダ。
sweetbasil-lettuce.jpg
期待どおり。中華っぽいな。


鶏のバジル炒め。(じゃなかったかも。なんしか鶏の炒めたやつ)
sweetbasil-chicken.jpg
これが辛い!めっさ辛い。たいがい辛いものが得意な私でも、ヒーヒーいう辛さ。でも、ハマってしまい、延々と食べ続けてしまった。ビールが減る減る。


定番のグリーンカレー。
sweetbasil-greencurry.jpg
なかなかマイルドで美味。でも、友人Aは「famaoが作るグリーンカレーのほうが辛くて美味かった」と言うてくれた。なんていい人だ。


友人Aが「アカン、物足りない。こんなんでアタシのカレー欲は満たされへん」とオーダーしたココナッツミルクを使わないポークカレー。
sweetbasil-porkcurry.jpg
タイ北部のカレーらしい。メニューでは相当辛そうに見えたのに、それほどじゃない。ふつー。美味いけど、ふつー。


本来、北部のカレーに欠かせないはずのもち米。(カオニャオ)
sweetbasil-stickyrice.jpg
すでにグリーンカレー以前の段階で消えてた。
タイのもち米って日本のもち米より好きかも。


どうやら、タイ料理屋の良し悪しはいかにフレッシュで質のいいハーブを安く仕入れられるかに左右されているらしい。ここはいいハーブを惜しみなく使っている。(パクチー追加は有料だけど)確か、沖縄かどっかの農家と契約してるとか・・・。



確かに美味い。
美味いけど、たぶんタイで食べたタイ料理のほうが美味かった。(注:強がってません)


ちなみに、マカウのマンダリン・オリエンタルホテルにある「NAAM」ってタイ料理屋は、私もタイで食べるより美味いかもしれないと思う。


よく食べ、よく飲みました。




スイートバジル Sweet Basil
大阪市北区大淀南1-11-9 2F
06-6458-1105
営業時間:11:30~13:00、17:30~21:30(日曜は17:30~21:30のみ)
定休日:火曜
スポンサーサイト
【2007/09/08 14:16】 | インド・東南アジア系 | トラックバック(1) | コメント(3)
カンティプール(中崎町) Part 2
皆様おなじみの「カンティプール」。


コースメニューがお得なこの店で、なかなかアラカルトに踏み切れない人は私だけではないはず。


そんなアナタに、「アラカルトにしてよかった」と思えるメニューをご紹介。


まずはドゥカールポレコ 840円
kantipur-chicken.jpg
鶏むね肉にほうれん草を詰めて焼いたもの。これがジューシィで美味。付け合せの野菜炒めみたいなのも含め、かなりボリュームのあるメニューで840円というコストパフォーマンス。ネパール料理がどうのとかってのはヌキにして、タンドリーチキンを犠牲にしても(いや、チキンティッカを犠牲にしても・・・かな?)、これをオーダーしていただきたいのである。


次なるオススメはネパール風焼きナスのカッテージチーズ乗せ・・・みたいなの・・・。(名前も値段も放念)

ナスと(たぶん)鶏ミンチを炒めて皮に詰めて、カッテージチーズをかけてある(のだと思う)。ナスフリークの私の中では、アルナーチャラム 京橋のナスカレーと双肩をナス(ぷっ)メニュー。


この2品にアチャール(ピクルスみたいなもん)、モモ(点心みたいなもん)、チョウメン(焼きうどんみたいなもん)を加えると、カレーなしでも大満足なコースが仕上がる。


ネパール料理とは、かくも奥が深いものなのだ。



ところで、何ヶ月か前に中崎町の飲み屋でカンティプールのシェフとしゃべったときに聞いたんだけど、かつては六本木にも店があったらしい。(今は渋谷だけ) 侮るなかれカンティプール!
ちなみに、そのシェフは一応ネパールの一流ホテル出身らしい。もちろん、「ネパールの一流ホテル」がどこかは知らないんだけどね。




ネパール料理 カンティプール Kantipur
大阪市北区黒崎町7-13
06-6359-3884
営業時間:11:30~15:00

>> カンティプール Part 1へ
【2007/05/09 15:33】 | インド・東南アジア系 | トラックバック(0) | コメント(2)
タム・サバイ (京橋)
閉店しました。残念!!

<ご挨拶>
ご無沙汰しております。いやー、暑いですね。
ここのところどうもランチパワーが激減しておりまして、いろいろランチ店をご紹介いただいているにもかかわらず、ほとんど訪問できておりません。全く、不甲斐ない話です。しばしの間、ゆるやかに、とてもゆるやかに更新していきますので、気長に見守っていただければ幸いです。

本題!
さてさて、2月のタイ旅行以来、私は家でも外でもタイ料理にハマっている。
どのくらいハマっているかというと、冷蔵庫にパクチーを常備するくらいハマっている。
冷凍庫にもバイマックルー(※)とホーリーバジルを格納しているくらいハマっている。
国産米を炊くより、タイ米を炊く回数の方が圧倒的に多いくらいハマっている。
※バイマックルー:コブミカンの葉。トムヤンクンに入ってる食べられない葉っぱ。

外メシのタイ料理で気に入っているのがスイカ小太郎さんのブログでもおなじみの「タム・サバイ」。
もともと京都の北山にあるタイ料理屋で、京都ではわりと知られているらしいけど、その支店がなぜか京橋の京阪高架下にある。
何度も改装を重ねて、今は1Fはタイマッサージとエステもどきの店を、2Fでレストランをやっている。

ここには何度も来てるけど、ハズレがほとんどない。
辛いものは辛いし、ハーブもけっこう入ってて、どれも美味い。
とりあえず、写真のあるものだけご紹介。

タマゴとエビのサラダ。
sabaai2.jpg
ま、このへんは普通。

トムヤムガイ。(トムヤムクンのチキン版。ガイ=鶏 クン=エビ)
sabaai3.jpg
これはもうちょっとハーブとかライムのパンチが欲しいところ。

レッドカレー。
sabaai1.jpg
これは1ランクか2ランク辛くしてもらったら、かなり辛かった。

で、最近のヒットはコレ。
レモングラスのサラダ。
taamsabai4.jpg
トムヤムクンやなんかに必ず入ってる、あのレモングラスが山盛り!
スープやカレーに入ってたらよけるのに、なぜメインになったら食べられるのかが不思議。
もちろん、ハーブが苦手な人は確実に撃沈する一品。

内装も落ち着くし、京橋という場所がらか、なんとなくスローな空気が流れてる店なんで、のんびり、まったりタイメシを堪能できます。

■お店の情報:
タム・サバイ 京橋店 Taam Sabaai
大阪市都島区東野田町 1-2-1 京阪高架下
06-6353-6283
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00
【2006/06/29 12:17】 | インド・東南アジア系 | トラックバック(0) | コメント(0)
アジアガーデン (京町堀)
tomyamnoodle.jpg

淀屋橋OLの友人から聞いて、ずっと前から食べてみたかった「アジアガーデン」のトムヤンクン麺。
中ノ島に行ったついでにその彼女と待ち合わせして行ってみた。

う~~ん、ヘンな店。
韓国料理とタイ料理の店なんだけど、「このオフィス街に、こんな店作っていいのん?」とききたくなる。

この韓国とタイを「アジア」の一言でくくっちゃう大胆さ、ぜひ見習いたいものだ。 

1Fと2Fがあるみたいだけど、1Fはまさにアジア食堂っぷりが炸裂! 
明らかに日本人ではない店員たちが大声でオーダーを取り、店内のテレビでは韓国ドラマ。そんな活気あふれる店内では、大きなテーブルにサラリーマン&OLズが鈴なりだ。いいかんじー。この、余分なホスピタリティのなさが店のコンセプトと合ってていいなー。
ここがオフィス街ということを忘れそうだ。
(ちなみに、その某友人は「アジアガーデン」のことを何度も「アジア食堂」と言い間違う。確かに、どう見ても「食堂」のほうがしっくりくるわ)

ランチではトムヤンクン麺をはじめ、タイ系と韓国系の麺とご飯が食べられる。
メニューはこちら

食べすぎ覚悟でトムヤンクン麺+グリーンカレーをオーダー。
おお、すごいボリューム。
greencurry.jpg
タイ系のカレーは緑、赤、黄と3種類あったけど、グリーンカレーが一番辛いらしい。・・・確かに、後からじわっとくる。

でもトムヤムクン麺が辛いので、グリーンカレーの辛さが今ひとつピンとこない私。
韓国冷麺の太い版みたいな麺に、ハーブと唐辛子たっぷりのスープ。
コイツを食べてると
すっぱい。辛い。すっぱい。辛い。辛いー!
てかんじでくる。
(青唐辛子を入れたせいかもしれないけど)
この麺はどこででも食べられる代物じゃあないわ。

友人はトムヤムクン麺+ビビンパ。
bibimpa.jpg
彼女がこのビビンパを混ぜて食べてると、店のお姉さん(韓国人?)がやってきて、無言で彼女のビビンパを混ぜる、混ぜる、混ぜる!
見事に混ぜきって、「ハイ」だって。 ええ味だしてるね~~、姉さん。

オフィス街で味わえるお腹いっぱいアジア、ですな。

この店、南森町に欲しいよー。(まぁ、行けないことはないけど)

■本日のメニュー:
トムヤンクン麺セット(グリーンカレー) 1000円

■お店の情報:
アジアガーデン ETHNIC RESTAURANT ASIA GARDEN
大阪氏西区京町堀1-1-22
06-6445-8305
ランチタイム:11:30~14:00
【2005/11/14 23:16】 | インド・東南アジア系 | トラックバック(1) | コメント(0)
ナビン (京町堀)
navin0

以前から一度行きたいと思っていたインド料理「ナビン」に行ってきた。
一緒に行った友人と私は「インドカレー&ビールの友」なんですが、その友人、ここのところナビンのレトルトカレーに激ハマリしているらしい。ほぼ2日おきにナビンに行っては、カレーを買ってルーをつまみにビールを飲んでいるという。
クレイジーだ。。。

ちょうど改装が終わったばかりらしく、キレイで広々としている。2階に上がる階段の踊り場に、なぜか焼酎の一升瓶が! カレーに焼酎? 合うのか? 合わないだろ。

席につくとマダム(ナビン夫人・・・のはず)が謎のアペタイザー「サラミ」を出してくれた。
navin1


とりあえず、ビール・・・と思ったら、生ビールがない!
仕方なく、イギリスのペールエールを頼む。(ビールの種類はこれと、ハートランドと、あとドイツかどっかのビール3種のみ!)

さて、オーダーしようとメニューを見るが、これがビックリするほどメニューの数が少ない!普通のインド料理屋の半分くらいしかない。
ナビンさん、大丈夫か?

とりあえず、マダムのすすめに従ってオーダー。

ベジタブルサモサ
まぁ、普通かな。皮が分厚くなくてよかった。
navin2


カジキマグロの炭火焼
このインド料理とは思えないビジュアルがいい!
インド料理を食べているという感覚はないにせよ、美味かった。
navin3


定番のチキンカレー。かなりマイルド。
navin5


豆カレー
カレーっていうよりは、スープに近いくらいサラサラ。
navin4

あと、野菜カレーを食べて、2人でビール6~7本飲んで1万円くらい。正直、他のインド料理屋と比べると高い。なのに、なぜか毒づく気が起きない店なんだよなーー。不思議。
老舗の看板のせいか、マダムやナビンさんの人柄のせいか・・・。
それこそ、ランチで行くと大満足なのかもしれないな。

<おまけ>
満腹でナビンを出たあと、別の店でしばらく飲んでいたのだが、チャリなので飲みすぎるのは危険か・・・と珍しく早めに友人と別れた。帰り道、ナビン前を通ったら11時だというのにまだ開いている!
さっきカレーをたらふく食べたところなのに、レトルトカレーを買ってしまった。(マダムには「あらー、アナタまだいたのー?」と言われた)
navin-takeawaycurry

左から、ひよこ豆、チキン、4種の豆のカレー。うーん、楽しみ。

ちなみにコレはちょっと前に肥後橋のタカムラで買ったナビンのマダム特製グリーンチリソース。サモサにつけても美味いし、カレーに混ぜるとスパイシーでグー!
navin-pepper


■お店の情報:
インドレストラン ナビン Navin
大阪市西区京町堀1-11-6
06-6449-6789
営業時間:11:30~14:00 17:30~21:30
 (客がいれば11時くらいまでは開けてるっぽい
【2005/09/24 11:05】 | インド・東南アジア系 | トラックバック(1) | コメント(0)
次のページ
HOME

カテゴリー

ブログ内検索

FC2 Blog Ranking

更新頻度の参考に・・・

FC2ブログランキング

最近の記事

プロフィール

famao

  • Author:famao
  • ランチブログあらため、ただの食いしん坊日記として再スタート。コストパフォーマンス重視、コンセプト重視、味わいは「やや毒多め」です。そこんとこ差っ引いて読んでね。

最近のコメント

メールフォーム

お店の推薦や記事への意見・苦情、その他世間話はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

※08年4月~09年1月まで、使われていないアドレスで設定していたため、メールが届いていません。そのかんにメールいただいたかた、すみません!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

RSSフィード

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。